・次期プロジェクトについて情報公開始めました。HPとツイッターに書いたことまとめ。
--------------------------------------------------

最初にC93のお知らせから。『1日目東コ27a』
C93新作「占星魔術白書I-II-III総集編」ですがグッズ等付く為少しお高めです。
イベント限定で割引しますので過去作お持ちの方はご提示くださいませ。
ゲームサントラ全6作お持ちの方は1000円→400円でGETできちゃいます。
その辺詳しいことは公式サイトの製品ページ見てくださいね。

ここから本題。
今年は色々と考えることが多くて、裏で悔しい思いも沢山してきてるのですが、
自分のやりたいことと今後の展望について身持ちを整理できたので良かったです。
表に出してない本当細かい情報まで練りに練りました。データベースにしてあります。
5年先までは活動の方針の見通しが立ったので後はひたすら作るだけです。
来年からは半期1作のハイペースで進めますです。超がんばりますよー。

まずは占星魔術白書IVのVita版を来年春期に出すのが最初の目標でございます。
PS Vita版→PS4版クロスバイ→夏期PC版→冬期新規タイトルという流れ。
Vのシミュレーションは2018冬期か遅くても2019上半期ですかねー。CS版は未定です。
スピンオフミニタイトルも混ぜていくのでコミケ毎に何かしらの新作が出る感じです。
第一部だとIII-2のアクションがそれにあたって、第二部だとFactのローグライクです。

IVのアクションは2018年前期リリースですが2017年度タイトル扱いです。
III-2とIVでゲームシステム共有しているため。(III-2は2017夏期タイトル)
そんな訳で来年2018年度タイトルは冬期のVのシミュレーションになります。

占星魔術白書の第二部(IV-V-Fact)はそれぞれアクション・SLG・ローグライクを攻めようと思っています。
その後オーソドックスな3DダンジョンRPGに原点回帰して、第三部はまた違ったジャンルを開拓する予定です。
頭身高めのドットアニメゲー作りたいと思っているのでアクション+格ゲーみたいなのやろうかなーと。
各作品のスクショと説明は公式サイトに詳しく載せていますのでここでは書きません。見てみてね。

STGとノベルはライバル多いのでやらないです。私は2Dを極めたいので3Dの路線もやらないです。
最近主流の2Dのモーションアニメは違和感バリバリで好きじゃないので私の作品は全部作画アニメにします。
後はドットアニメ。割と時代に逆行してると思うけどそれがアイデンティティーになるように頑張る。

SLGの構想UIは借り物の外部素材加工して使っているので後で全部自作の物に差し替えますよ。
ブロックの画像は3Dダンジョンの時に作った画像エディタ改造すれば簡単に生成できそうです。
ジャンルは違うけど前の作品の血が生きてるのが感動する。原作は100%私の血だけで作りたい。

それと。公式TOPに二次創作と公式素材の使用許諾範囲に関する説明書きを掲載しました。
占星魔術白書のIPのガイドライン整理しましたんで参考までに。外部無しなので一次版元は私だけです。
CS移植以外の商業路線はよほどでないと乗せるつもりないです。作品を金儲けの道具にされるのも嫌なので。
ソシャゲみたいに売れないとサービス終了(畳む)とかも無いです。趣味で長く細くやっていくだけです。

==================================================