・同人ゲームサークルの法人化ついて。
==================================================

確か。年間の売上が1500万以上になると法人化すべしという流れになるらしい。
税金とか税金とか色んな面があるからね。税金対策で法人化するようなもんだよ。

ぶっちゃけ。この領域に居るゲームサークルって国内でも結構居る。
皆表立って言わないだけでな。Steamがヤバすぎる。儲かり過ぎて。
たぶん。国内のDLsite同人エロゲ―とかの比じゃないくらい儲かる。

いや本当。自分はイラレとか漫画家とかラノベ作家とかああいう方向性の創作家にならなくて良かった。
彼らは基本的に使われのクリエイターなので、出版社の顔色を伺いながら創作しないといけないから。

自分で事業展開できる分、ゲーム業界選んで正解だったよ。死ぬまで食いっぱぐれないわこの世界。
マーケットが世界に通用するのがデカい。あと個人でも通用する。当たるには実力前提、運も必要だけど。

自分も昔はこの辺よく理解してなくて四方八方に売り込んでたんだけど、
頭良い人(がっちり稼ぎたい人)は会社にして自社資金でやってるんだよな。
権利を切り売りする(出資者)と売上折半になるし何より自由が利かなくなるんすよ。

プロアマの線引きが曖昧な市場で強い奴が資本力マウントで弱い奴を蹴散らし踏ん反り返ってる構図が気に食わないだけで、海外やインディーは別に嫌いな訳じゃないので。稼ぎたい人がプロの市場で勝負するのは真っ当なことです。

インディーの舞台はもう少しアマ側への配慮を強化して貰えればもっと良くなるんだけどな…。
まとめで書いたけど「制作資金」でカテゴリ分けするだけで「無資本(0円)」でやってる奴らがもっと浮上してくんのに。
そういう才能あっておもしれー奴が作る作品の方が見たい。同人なんだから。金掛けて商業ゲーのコピー作って楽しいか。

作品をゼロから作り上げてる人間の方がよっぽど凄いと思うんだが。
特に市場で通用するレベルまで一人で仕上げてくる超人。(フリー素材使いは認めてない。)
チームで創作するのはネットで声掛け回れば良いんだから誰でもできる。
ナルシストっぽくなるのでこの辺で止めるけど。

投稿サイトの素人ゲー青田買いで金儲けしようとしてる国内の出版社について物申すと。

まだクラウドファンディングで金集めて自社展開で細々やる方が良いよ。リスク背負えない分ファンの愛を金に換えて展開するんだ。
あいつら全額出資する代わりに売上も全部持って行くぜ。原作者には5%くらい振り込んでおくね。ってなもんだろう。
自分でリスク背負えないならやらない方が良いし、誰かに出資して貰っても一番損するのは自分だから。

出版について言うならCFや自社資金でアニメ作る方がよっぽど賢いと思う。(リスク取る分利益全取りできるし)
権利切り売りした瞬間フットワーク縛られるからな。作品が自分の手を離れて行くってのはそういうことだ。
(「商業展開権」に関わる一連の権利が出版社持ちになる可能性があるから身動き取れなくなる。)

正当な評価には正当な金銭が支払われるべきであって、金儲け=悪徳みたいな見方は古臭いと思います。
儲けたい人はしっかりとその舞台で能力を発揮するべきだと感じました。
そんな感じなので僕は誰かに吸われないように上手く立ち回ります。

関連記事を貼っておきます。
・ゲーム投稿サイトのツクール推しについて。
・ゲーム原作のメディアミックスについて。

この一連の記事で私が言いたいのは。
長い目で自作品を見るなら、スポンサー頼りで事業展開はしない方が良い。
リスク背負えないなら背負えないなりの小規模展開に抑えて長く細くやること。
稼げるようになったら自分の金で大きく出れば良いんじゃないかな。
ショートカットする人は搾取使い捨てされてることを気付いた方が良い。

まぁ。単発で大きく当てて逃げ切り。とりあえずお金(印税)が入ってくればいいや。
って感じの人ならどんどん商業化していけば良いと思う。
そういうタイプの人とは考え方や創作スタンスが違うので。
自分のやり方の押し付けみたいなことはしない。

僕は一時の流行で終わる作品より長く残る作品に価値があると思ってるから。

==================================================