・低価格ブーストとDL販売の売上の話。
==================================================

同人ゲーム500円って今じゃ全然安くもなんともないよな。体験版とかじゃなくて普通に完成版として。
市場見ると100円~300円で薄利多売商法で爆発させてミリオン売ってる作品多い。
ロイヤリティ半分引かれたとしてもすげえ額の金額手元に残る。

売れた本数やセールスランキングがバッチリ出るんで100円とかにしとくと有利なんだろうな。
元がフリーゲームだと1000円とか高い値段付けられないのもあるけど。
昔は作品のクオリティ=値段に比例だったけど今はそうでもない。(1本2000円とか余裕でした)
レベル高い作品でもワンコインで売ってるのが凄い。

ゲームに限った話じゃないけど娯楽が多くなり過ぎてどこの業界もコンテンツが買い叩かれてる感ある。
価格の大暴落。無料で興味持ってもらって課金で吸い上げるみたいなビジネスモデルが大流行する訳だ。

クオリティが低いなりに低価格や無料を売りにする。みたいなのは全然強みでも何でもなくて。
クオリティが高くても低価格や無料で売る時代なので、結局作品の質で勝負するっきゃないってこと。

自分の作品紹介するときも「100円で1万本売れた」か「2000円で500本売れた」じゃ利益は同じ100万だけど、
前者の方が言葉にインパクトあるよな。見る方は分かりやすい数字(売れた数)で作品を評価するから。

一人でやってると中々気づきにくいけど、頭のいい人たちはこうやって作品をマーケティングして
今の時代に合った売り方で人気集めてるんだろうなって思いました。

アマチュアの視点から言うとDL数が表示されて作品の売上が全方位に筒抜けなのは正直言うと気分悪いんだけど
同人も今や商売の世界なのでしょうがない。嫌なら出さなきゃいいんだからな。
同人即売会+ショップ委託の時代はユーザーに売上なんて見えなかったからね。
DL全盛になってからこの流れができた。

金持ってる企業やプロ集めてる連中に一作品のクオリティでは絶対勝てない個人作品が
低価格ブーストで運良くバズって10万とか100万本行った時に
販売数でマウント取れるのだけがDL数表示の唯一の利点。これは本当活用した方が良いよ。
金かけりゃいいってもんじゃねぇんだよ!(ドヤァを体現できるから。

商売の世界の大正義は数字(売上)だけ。

一回ミリオン出ちゃえばDL数:100万が市場で最強のパワーワード=宣伝広告になるなので何もしなくても売れ続ける。
DL数表示が無い場合ランキングしか指標が無いから伸びにくいかも。完全に私の想像範囲だけど。
まぁ。カウンターが出ることで(商業的には)良い部分は結構あるということで。

(逆に全然出てない負け組側の人間には売上筒抜けが痛いんだけどな。
具体的に言えばプライドとか色んな物がズタボロにされる)

自分は今まで500円で販売してたんだけど、1000円の作品がセールで500円(同額)になることを考えると
500円で安売りしてる意味は殆ど無くて、それなら100円とか無料同然でバラ撒いて爆発狙った方が
遥かに効果が大きいと思ったわけですよ。

はっきり言って低価格ブーストは「手段の一つ」でしかないので、
作品の質が一定水準越えてないと100円だろうが2000円だろうが同じだと思ってる。
面白くなさそうなのは無料でもいらないから。
(ただ、10万とか売ってたらそれでも買ってみるかって気にはなる。そういうこと。)

口コミやレビューは主観的な部分が多いし読むのが面倒だったりする。
手っ取り早く作品の評価を得たい場合、売上という共通の数字で見た方が早いのよ。
なんせ世に出る作品の数が多すぎるから。(加えて言うなら評価の星の数も大きい)

SNSやまとめで紹介されるときも「○○が斬新で面白い」よりも「○○万本売れてる」の方が食いつきが良い訳だ。
斬新で面白い作品なんて腐るほどあるからな。しかもあなたの感想ですよね。で終わる主観なので。
数字だけは嘘を付かない。

続き。補足分など。
・数字(売上)の魔力とレビューの話。

==================================================