・音楽活動(ライブパフォーマンス)について。
==================================================

ライブ演奏用の音楽レコーダー買いました。
個人演奏用のそこそこ良いやつを選択したのでまぁ定価15kもするんだけど、
割とメジャーで中古が沢山出回ってたので安くなるの粘って付属品込みで5kで買えた。
『TASCAM リニアPCMレコーダー DR-05』

趣味枠でピアノ演奏始めます。曲は全て自作オリジナル曲(ゲーム音楽)です。
YoutubeのSt.α-Lineチャンネルで随時公開していきます。よろしくお願いします。

私は元々弾く方メインで音楽やってた人なので。歴は長いんですよ。
弾きやすい曲から消化していって順にレパートリー増やしていくつもりです。

更新ペースや楽譜の公開など詳しいことはブログに書いてあります。
YouTubeでピアノ演奏 (楽曲はこのブログの↓にも載せてあります)

ゲーム作りながら作曲した音楽をBGMに使って、それを自分でもライブ演奏するっていう、
創作と趣味(パフォーマンス)の両立が自分の理想形というか。最終形態なので長く続けていきます。

Youtube本格的に始める前に動画サムネイルを作りたいと思ってる。キャッチーなやつ。
ゲーム、音楽、演奏の3カテゴリで活動してることが一目で認識できるサムネが良い。
弾いてみた系の定番サムネの鍵盤アップみたいなのは面白くないので。
アイデアはもう頭にあるので完成したらアップします。

サウンドトラック動画もアップし直そうかな。1回全部消して。
1曲ずつアップする形式はやめて作品別に1本の動画にまとめた方が良い気がする。
サムネイルもあんまり良くないのでちゃんと作りたい。
(ニコニコはプレ垢にしないと50本までしか動画上げられない仕様無くして欲しい)

ちょっとした裏話を話すとね。ミュージシャンは(楽曲を作る)能力持ってても
自己プロデュースが下手糞だと上に行けない現実を理解したので、
少しでも自分自身をアピールする部分増やそうと思って始める面もあるんですよ。
歌って踊れる人が音楽の世界で人気なの当たり前で。僕は歌は歌えないので演奏する。

職人(楽曲制作)と演者(演奏や歌手・ダンス・パフォーマンス)は必要能力が違うんだけど。
投稿サイト上がりで人気出てる音楽畑の人って両方のステータス持ってる人が大半なので。
自分も演奏技術持ってるんだからアピールしないともったいねえよな。ということでやる。
ただ僕はプロ奏者でも何でもない。こういうのはね。続けるのが大事なんだよ。

「自分をコンテンツ化する」っていうのはまさにこのことでな。
やたら顔出ししたり公演したがりのクリエイターはこの方向性なんだと思う。
売り出す方向性としては間違ってないけど「自分推し」は程ほどで良いよ。
これやり過ぎてる人の胡散臭さは本当に痛々しい。

クリエイターなんだから作品で勝負してこそじゃないの。
私は「(裏方に徹して黙々と制作してる)職人推し」だな。
こういう人たちの方が創作に信念持ってる熱いやつが多くて好き。
出たがり系はファッションクリエイターというか。作品じゃなくて、俺を見てオーラがヤバい。
僕は作品で勝負したい。裏方に居る職人タイプなので。自分はオマケでいいよ。

パフォーマンス(演奏)スキル持ってて良かったです。
創作論をインタビューやトークイベントでドヤ顔で語る人間よりよっぽど自分をアピールできる。
何より鼻に付かないのが良い。あくまでもアーティスト(創作者)として自分を出したい。

色んな事できるやつの方が有利というか。色んな才能の総合力で多角的にアピールできるやつが勝つよ。
何か1つ一線で通用する能力(一番好きなこと=1芸目)があって、2芸3芸目を持ってると凄く強い。
これは顔が良かったり話が上手い才能の付加価値で売れてるやつも居るし。正直何でも良い。

「絵が上手い」「曲が作れる」レベルじゃ無理。絶対無理。
その才能を業界トップクラスに食い込めるまで上げる努力するか。
それが無理なら2芸3芸目をプラスして自分を売り込むしかない。
僕の場合、「ゲームクリエイター(1芸目)」としての才能は半ば諦めてるので、
「ゲーム+(絵・音楽・文章・演奏)」の『総合力』で自分を売り込んでるってこと。

==================================================