・デジゲー博2018出展後の感想。
==================================================

デジゲー博の告知です。今回新作は無いのでペーパーです。(A4表裏/4面)
占星魔術白書456の画面を載せます。2018-20年予定。(ARPG/SRPG/DRPG)
主にブログで更新していた内容の最新版です。画像は公式サイトより。
◆St.α-Line『D-22b』

開発版のスクショTwitterに載せようか迷ったけどやめておきます。
見たい人は公式の方で個別に見てください。同じ物を印刷してあります。
3ライン(ジャンル)別に画像を整理しました。

ちょっとねー。色々考える所があるから。
せっかく考えたアイデアを大衆に公開するのはあんまりしたくないというか。
作り終わってて作品公開した後なら良いけどこれから作るよって段階の物は出したくない。
完全に自意識過剰なんだけど。

あくまで現段階で出す情報はファンサービスです。知りたい人だけ見てどうぞ。という趣旨の物です。
誰かの参考になるような情報をボランティア精神で与えるほど僕は馬鹿じゃないので。手の内は明かさない。
ネット上は誰か見てるか分からんから本当。

後はまぁ。画面自体がまだあんまり洗練されてないので見せたくないのが半分ですね。
中途半端な物をお出しして低く見られるのは嫌なので(昔はバンバン表に出してたけど反省)。
という2点でTwitterでは公開しません。よろしくお願いします。

デジゲー博2018お疲れさまでした。
今回ペーパーとカードの無配のみでしたが来てくれた方々どうもありがとうございました。
告知内容は公式サイトで同じ物を掲載していますのでチェックしていただければと。
旧作123はフリーゲームです。(3DダンジョンRPG)

感想。今回は人多かったです。2016出たのですが、2年前と比べて盛況していた印象でした。
コミケの同人ゲ島と同じかそれ以上くらい人通りがあると思います。
会場小さいのでチラシ類の枚数セーブしたら足りなくなった。んーもったいない。
同人サークル主体のゲームイベントってデジゲーしか無いんで本当ありがたいっすね。

後は国内サークルメインなのでその辺見た感想は。
国内はUnity+3D(ローポリ)が人気なのかなー。という印象でした。(全部は見てません)
2D+ドットのレトロゲー路線はあんまり人気ない?海外の方が人気あるのかな。という感じ。
ドットゲーは評価の土俵に入ってないというか。明らかに興味持たれてなかった。素通り。

ただ大手もドットゲー出してるのでクオリティの問題な気がしなくもないけど。
描き込み多いグラフィックじゃないと2Dはキツイ。これから始めるなら3D一択で良いと思います。アセットも多いし。
僕は2Dの素養があるからドットゲー作ってる感じなので。3Dは絵描けなくてもモデリングができれば何とかなる。

ドットはなぁ。ツクールっぽさが出てると
ああいう場所(ガチ勢がいっぱい出てくるゲーム展示会系)では一発アウトだと思う…。
プログラム組んであったとしてもユーザーにその過程は見えないから。
成果物がアマ向けのツール製のゲームと同じなら同列よ。始めるなら3Dにしとけ…っていうのはそこ。

以上です。長文失礼しました。次回は冬コミです。新作出せればいいと思います。よろしくお願いします。

==================================================