・インディーゲームのイベント出展料って高いよな。
==================================================

「TOKYO SANDBOX」 の出展料は2万5千円です。
高い。イベント出展1日だけ出たい人枠を1万で採ってくれないかな。
昔出たけど1ブース広い。半机で十分だから出展者増やして欲しい。デジゲー博みたいに。
後はもう大手や企業の商談会みたくなってるのでハッキリ言って趣味勢はいらないのかも。

インディーゲームのイベントも最近は各所でやってるけどまず大手しか注目されない。
もうサークルを法人化してガチってる人やそこに近い人たちが無双する感じで
取材とか受けてメディアに載れるのもほぼこっち側の人ね。アマ勢は(開催費用徴収用の)席埋め担当だなぁと。

経験から言うと、ああいう場所は催しの側面が強くて、
イベント好きな若いユーザーや売れそうな作品探してるギラギラした感じの人がメインで来るんで、
一見して派手で小綺麗じゃないと注目されないです。玄人好みって感じの地味なのはマジでダメ。時代遅れ。

あの辺のユーザーは同人ゲームに触れてきてないんで、インディーに商業ゲームらしさを求めてるんだよね。
分かりやすく言えばもうその時点で完成されてる作品しか見ないんすよ。アマチュアとか素人臭いのは眼中に無い。
まだ未熟な部分はあるけどゲーム作りました見てください。って世界じゃないです。

ドット絵でも3Dでも関係なくな。黒一色にスカスカのドットゲーもあるし、
グラフィッカー雇って描き込みが凄いのもあるしでピンキリ。
3Dでもそう。専門学生作品かよ。と、ああもうプロだねこれ。って感じのまで。
当然どっちも後者が人を集める。基本的に前者は足切りされていくので。資本力に勝てない。

後何だかんだインディーゲームは海外勢の方が勢いがあるよね。言語の壁もあるし。
クオリティ低めでも同じ国の奴らが作った作品の方注目するしな普通は。僕も和ゲー大好きで洋ゲー全くやらないし。
そも日本のPCゲーユーザー少なすぎ。スマホで十分だからPC持ってない人増えてるんだってね。

PCゲーの現物売り文化はしんだのでコミケとか委託販売はもう本当期待しない方が良い。
同人活動してますよって顔出し目的と締め切りがあった方が動きやすいから毎回申し込んでる。

==================================================