・ゲーム制作=コスパ最悪の創作。
==================================================

分野は違う話で申し訳ないけど、ゲームを1から作る3年間あれば、
なろうで小説書き始めて書籍化アニメ化までこぎつけられる時間は十分あるんだよね。
ゲーム制作はマジでコスパ悪いぞ…。

1作に3年は掛かり過ぎかもしれないけど、1人で作ってる人だと5年とか掛ける人も居るから。
1年で1作出していける人はゲームジャンル固定で過去のリソース流用できてるからなんで。
完全新規なら素材作ってるだけで半年1年あっという間に終わる。ゲームはこれが怖い。

ゲームって漫画や小説みたいに出版社経由で誰かが作品のマーケティングやプロデュースしてくれる訳じゃないんで、
全部自分でやらないといけない。リスクも全部自分持ちなんでコケたら時間と制作費がパー。
個人事業主なのはそうなんだけど、社長業に近いよね。

ガチるなら5人前後のプロチーム結成して年1で新作出すペースじゃないと食えなくないっすかね。
利益1千の年収200だったらサラリー以下だし。儲かってて法人化してるサークルでも兼業の人の方が多いんじゃないかな。

法人サークル勢が年収どれくらい稼いでるのか全然知らないんで、実際は1本当たり5千万くらいは売上あるのかもしれない。
それなら5人で割っても年収1000万なんで余裕で食える。そのサークルの一員になれた人は超勝ち組。

僕は別にそういうの知りたくないからどうでもいい…。あーすごいっすねで終わりや。
だって1人でやってる人と複数人でやってる人は違うから。複数なら儲かってて当たり前や。儲かってなかったら逆に危ねえと思う。

完全に1人で作ってる人(外注もせずチームも組まず適当にフリー素材とか使ってゲーム作る人)で、
大当たりが出て1億くらい入った人が真の勝ち組だと思う。

最初に戻ろう。小説で何年もくすぶってる人はインディーゲームに行ってみたらいいかもしれない。
今雰囲気ゲーがちょっと流行ってるから、シナリオ系強い人は2,300百万掛けてゲーム作ったら当たるかもしれない。
予算は殆どイラストとグラフィックの外注費で消えると思うけど。

ADV型はもう流行らないんでやめた方が良いです。
ゲーム性殆ど無いけど形だけRPGみたいにしておいて、本筋は世界観にハマれる作りにしておくのが最近の流行です。
一番は、プレイ動画を見た第三者が拡散させたくなるような要素をぶっこみまくるんです。
そうするとゲームユーザーが話題作だっつって勝手に買うので。

本当、まともなゲーム作って勝負しに行っちゃいけないんだ。
まともなのはプロの人たちが無双してるんで、アマの素人くせーアクションとかRPGとかは相手にされない。
僕はゲー無嫌いだから相手にされないの分かっててまともなゲームで勝負してるけど。普通は無理なんで。

素人臭いゲームが許されたのは2000年代の同人ゲームまでな…。
もう時代が違うので。絵が下手クソなのは容赦なく切り捨てられる。
中身が作り込んであるからグラがチープでもイケると思ってる人も無理です。諦めて外注してください。

パッケージの絵をイラストレーターに描いてもらうだけで売上がゼロ一個違うから本当。
この辺は皆やってると思うけど。スチルだから相場は10~20万くらいですかね。
会社とかじゃなく個人の発注で1点物だと普通は高いと思います。商品はガワ(外見)超大事。

==================================================