・ゲーム業界の方向性が自分と合わない理由。
==================================================

まとめ。まぁ変わらないと思うけど声上げる人が前に出ないと何も変わらないと思うので、僕の考えを一つ。
どこにも属して無い中立的な人間じゃないとこういった主張ってできないと思うので。(以下長文につきご容赦ください)

日本のゲームメーカーは昔みたいに日本人向けにゲームを作るべきだと思います。海外の市場を気にし過ぎです。
洋ゲーにかぶれ過ぎて全然面白くないです。海外で売れたから何なんでしょうか。ユーザーは売れるゲームが遊びたいんでしょうか。
日本人にしかできない感性でゲーム作るべき。

リアルを追求しても本場(海外)には敵わないことに早く気づいて。
これが変わらない限りソシャゲの躍進は止まらないと思います。
(最先端じゃなくとも)グラフィックの落としどころが上手いメーカーや作品は国内外問わず売れるし愛されてるはずです。

資本と人海戦術で圧倒できる力はこれからの日本企業にはもうないです。
ゆとり世代やその下の世代がそのことを一番よく知ってるはずです。
初心に帰ってアイデアで勝負してください。時間を掛けて徹底的に作り込んであるゲームもユーザーは喜びます。

(後IPころさないでください。小粒で良いんで新作出し続けて。続編でコケて叩かれてすぐ畳むのもったいなくないっすか。
出し続けないと皆忘れるし、マイナスの評価も覆らないし、新規や若い世代のユーザーも入って来ないです。)

ユーザーの質が下がったなと思うのは、グラの向上がゲームを面白くする訳じゃない。本質は中身だ。
と言いつつも、全体の主張はグラフィック至上主義が多い所です。(ハードの性能でマウント取り合ってる人も同じく)

あと、よく分からないゲーム性と殆ど関係ないアートやデザインを評価する風潮が、
面白いゲームシステムを作る人たちのモチベを下げてると思います。これはユーザーだけでなく業界人も含みます。
ゲームをアート寄りの流れに持って行くのをやめてください。あくまでも一要素であるべきです。

黄金時代に先進的なアイデアやゲームシステムを考えた人たちを見習ってください。
またそういう物を作ろうとしてる人たちも今いっぱい居るので彼らに成功体験を踏ませてください。
グラフィックや見栄えよりもシステム重視で間違っていないんだと。

まぁ。洋ゲーが昔より日本市場で幅利かせるようになったんで目立つだけで、
和ゲーは今まで通り上手くやってる感じはするけど、CSは先細りしてる感否めない。
開発費何十億とか言ってハイエンドやグラ偏重してる(日本の)開発陣は少し考えた方が良いと思う。

特に昔からあるIPは日本メーカーの財産なんで。黄金期のヒットIPをコツコツ伸ばすだけで十分だと僕は思う。
海外で通用しなくても通用するように伸ばせばいいだけ。そこがアイデアだと思う。
海外メーカーには無くて日本メーカーにあるのは技術や資本じゃなくて、IPです。

==================================================